熱線反射タイプのガラス交換がおすすめ

企業ビルなどの建物では、プライバシーを保護するためにガラス屋のガラス交換サービスを利用して特殊なものに変えられていることが多いです。特にビルなどに用いるガラスは、 熱線反射ガラスを導入することで光を反射することでビルの内部を見えなくすることができるでしょう。ガラス屋は、サービスの提供先を幅広く設けています。だから、個人経営の店舗であっても熱線反射ガラスの導入は問題なく行なえます。店舗を持っている経営者の方で、この熱線反射ガラスに興味のある方は、一度検討してみるとよいでしょう。

金属を焼き付けたガラス

金属を取り入れたような美しさを放つ熱線反射ガラスは、日光による影響を大きく防いでくれるので、屋内の環境を良くすることができます。だからオフィスビルのような場所には最適なのです。窓から入ってくる日光の量を少なくすることで室内の温度上昇を抑えられるため、会社で利用している冷房などの設備にかかる費用を安くしたい時にも役立つでしょう。プライバシーの保護だけでなく、省エネ対策にも有効的です。

ガラス交換サービスと加工の基本

ガラスの端

飲食店などの店舗に熱線反射ガラスを導入する際は、ガラス屋でガラス交換をする前に、店舗の雰囲気などに合わせて、取り付けるガラスを加工しなければなりません。

ガラス交換に関するQ&A


飲食店でお客様のプライバシーを守るために熱線反射タイプのガラス交換を検討しています。どのようなカット方法があるんですか?

いろいろな店舗でさまざまな形状のガラスが利用されるようになってきた現在では、ガラスを丸くしたり切り込みを入れたりすることができます。ガラスの種類によっては加工できない場合もありますが、基本的にそれぞれの店舗に適した形にしてくれるでしょう。複雑な形状にも加工することも可能であるため、店舗のインテリア作りにも最適です。
カットだけでなく、お店の雰囲気に合わせた加工もしたいのですが、どのような加工方法が用意されているのでしょうか?

ガラス交換前の加工パターンは、穴あけ加工や斜面取り加工などのさまざまなバリエーションが用意されているので、いろいろな希望に応じてくれるでしょう。エッチング加工やエッチング印刷でデザインの変更もできるので、ガラスを使って看板作成なども行なえます。施工にかかる費用や時間はパターンごとに違うため、まずは一度ガラス屋へ相談しましょう。

割れたガラスの処分方法

破損したガラスの行き先

ガラス

ガラスが破損してしまった場合は、ガラス交換より前に割れたガラスを適切に処分することを考えましょう。2通りの処分を紹介します。

自分で処分
割れたガラスを自分で処分する場合はきちんと手袋やスリッパをつけ、燃えないゴミとして処分しましょう。またガラスを細かく割る場合はガムテープなどを貼り、割ったガラスの破片が周囲に飛び散るのを防ぐ必要があります。
ガラス屋に任せる
ガラス制作を取り扱っている店舗に依頼を行なえば、割れたガラスを回収してもらうことができます。店舗によっては清掃などの作業も実施してくれるため、自分でガラスを回収しておく必要はありません。まずは店舗に相談を行なってみましょう。
TOPボタン